So-net無料ブログ作成

オリンピックイヤーはカメラ頂上決戦! [カメラ・写真]

4年に一度のプロ向けモデルの登場!

皆さんこんにちは。うさうさです。
昨日Canonからプロ向けデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X Mark II」が発表されましたね。
つい先月はNikonからも「D5」が発表されておりましてこれで両者揃い踏みとなったわけです。

このカメラ2強メーカーですが夏のオリンピック開催に向けての新製品投入がここ最近のお約束となっております。※一部例外やマイナーチェンジは除く

世紀の祭典が故のアピール合戦
舞台がオリンピックとなれば世界の注目度が桁外れの為その広告効果は絶大となります。
まーこれが近年の放映権やスポンサー料の高騰で商業オリンピックと揶揄される一因でもあるんですが・・・
それ故各メーカーは新製品・フラッグシップを投入してアピールするのです。
カメラメーカーもプロ向けの新製品を投入してプロカメラマン(プレス)に使ってもらい如何にテレビに映るかが争われているのです。

「白」対「黒」の熾烈な争い
巷では陣地を塗ったり占領するゲームが流行っておりますがオリンピックのプレスエリアでも同様な事が行われておるのです。
スタジアム等で巨大な超望遠レンズを装着したカメラ群をご覧になった事もあるかと思いますがよく見ると「白いレンズ」と「黒いレンズ」があることにお気付きになると思います。
「白いレンズ」=Canon
「黒いレンズ」=Nikon
全てではないですが望遠レンズ(特に超がつく)はこのように色分けされているのです。
その為撮影エリアを見ればどっちのメーカーが多い(優勢)か一目で判るのです。
ちなみに小生は「50万、100万、200万・・・ 一体総額幾らだ?」とナナメ上の見方をしております。

そして4年後・・・
いよいよ次の2020年東京オリンピックには両社どんな新製品を投入するのでしょうか。
既に開発は始まっている事と思いますが楽しみです。(買えないけどねっ)


※記憶の片隅コーナー※(不定期)
キヤノン(Canon)の「ヤ」の字は大文字の『ヤ』
オンキヨー(ONKYO)の「ヨ」の字も大文字の『ヨ』
間違えないでね!



<スポンサードリンク>


タグ:写真 カメラ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 4

トラックバックの受付は締め切りました