So-net無料ブログ作成
検索選択

WBSニュース 2月18日の特集にて見た事ある内容が [カメラ・写真]

まさかのワールドビジネスサテライトニュースにて

うさうさです。ご訪問ありがとうございます。
昨夜の事、ブログネタ(例のふりかけ)を書いている時にテレビ東京系列の「ワールドビジネスサテライトニュース」(以下WBS)が始まりその最初の特集でオリンピックに向けたキヤノンとニコンについて放送がありました。
(競技の撮影カメラの主役を狙うキヤノンとニコンの戦略とは。)
しかも、カメラマンブースの中で「白レンズ=キヤノン」、「黒レンズ=ニコン」と説明が・・・
WBS20160218.jpg
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_106520/
テレビ東京 WBSニュース様より

これはっ!小生の2月3日のブログ記事と一緒ではないか。

オリンピックイヤーはカメラ頂上決戦!
http://usabarasi.blog.so-net.ne.jp/2016-02-03

良かった。小生の方向性に問題は無いと。なんかお墨付きを貰った気分。(オヤジギャグ除く) (*⌒∇⌒*)テヘ♪
ちなみにこの事を「白黒戦争」と番組で紹介していたが・・・聞いた事はないが・・・

白いのには理由(ワケ)がある
キヤノンの望遠レンズが白いのは太陽光でレンズ内部の空気が暖められて揺らぎや焦点距離の誤差が生じるのを最小限に防ぐ為の処置なのです。(天体望遠鏡が白いのも同じ理由)
結果それがイメージカラーとなっていったのです。
ペンタックスやミノルタ・ソニー、オリンパス(OM時代)等にも一部の望遠レンズに白レンズがありました。

速さと正確さ
また今回の特集の中でキヤノンは撮影スピード(連続撮影速度)を、ニコンはAF(ピント)の正確さをそれぞれアピールしておりましたが
昔から「速いキヤノン」「正確なニコン」と語り継がれております。


※記憶の片隅コーナー※(不定期)
苦肉の策
先程白レンズの理由と採用メーカーを紹介致しましたが当のニコンはと言うと一時期グレー(明るめ)のレンズを出しておりました。
しかしこれが評判の悪い事悪い事!(特にプロから)、キヤノンに擦り寄ったとか魂を売ったとか・・・
結果短期間でモデルチェンジ(再び黒色)となりました。(ニコン的には黒色でも同等の性能確保と説明してますが)
ボディ(カメラ本体)はチタンモデル(白または明るいグレー)を何種類か出してるのにねー。











<スポンサードリンク>


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。