So-net無料ブログ作成

Z-1・刻を越えて [カメラ・写真]

うさうさです。
今回紹介致しますのはペンタックス Z-1[限定](フィルムカメラ)
通称Z-1 Limited(リミテッド)と呼ばれる機種です。
「Z-1」と言えば世の中、車、バイク、スマホ(Xperia)、艦これ・・・
ですがカメラです。

resize_IMGP1084.JPG
PENTAX Z-1[限定] + F ☆ 300mm F4.5 ED

このカメラは当時ペンタックスのAFカメラ「Zシリーズ」の最上位機種であったZ-1※の発売3周年を記念してボディーカラーをチタンカラーっぽいシルバーで登場致しました。(一部変更箇所あり)
※後にマイナーチェンジモデル(中身はフルチェン並み)の「Z-1P」が登場したが限定モデルは発売されなかった。
とは言えペンタックスではフラッグシップの扱いでしたが世間的には中級機クラスでイロモノ扱いでした。
Z-1シリーズと言えば独特の操作性。ハイパープログラムにハイパーマニュアル。
雑誌で前知識はありましたが実際に理解するには実機を手に悪戦苦闘。(判れば超便利)

このカメラとの出会いは20年程前に名古屋にある小さなカメラ店の中古コーナーで本体のみで17,000円でした。
丁度ペンタックスのAF機を探していたので状態確認後購入しました。
もともとコレクション要素が高いモデルの為殆どキズ・スレはありませんでした。
但し、付属品のワイドストラップ(キャメルカラー)はなく別のストラップを中古で購入。

resize_IMGP1067.JPG
1000台限定らしい。

resize_IMGP1068.JPG
グリップストラップ FD(付属のストラップは未使用) ちなみに縦位置グリップではない(縦位置レリーズボタンなし・・・辛い)

resize_IMGP1070.JPG
純正クイックシュー対応

今回カメラに装着してあるレンズだが実はワケあり品で購入したレンズである。
名古屋の大手カメラ総合店の中古コーナーに一際目立つレンズ。値段は17,000円
「えっ」と思いながら値札を見ると注意書きが
「外見キズ多し、AF不可」。店員に聞いてみると「AFモードでフォーカスするとすごくゆっくりでカメラに大きな負担がかかる」との事。
どうせペンタのAFは期待できないしMFで使えば問題ないし、なにより☆(スター)レンズがこの値段ならと購入。

そしてZ-1[限定]でAFモードを試す時が。

resize_IMGP1071.JPG
smc PENTAX-F ☆ 300mm F4.5 ED [IF] 側面のネームプレートの文字が掠れて消えてしまいました(黒と赤文字)

カメラをAFモード(SINGLE)にしてレリーズ。
「ジージージージー」と鈍い音を立ててゆっくりフォーカス移動
これではカメラのモーターやギヤが損傷してしまう。こういう事かと納得。

次にMFでの動作チェック。
カメラをMFモードに切り替えてレンズのフォーカスリングをまわすと適度なトルクで滑らかな動き。問題なし。

resize_IMGP1072.JPG
レンズフードは組み込み式 先端がラバーで衝撃吸収やレンズを立てる時のキズ防止

resize_IMGP1073.JPG
そしてこのレンズ最大の特徴の巨大な三脚座(各90度のクリックストップ付き) 左右のネジで取り外し可能。

resize_IMGP1077.JPG
マウント側(KAf2マウント)

まさかの隠しモード(ウソです)の発覚
そんなこんなで弄繰り回していると突然「カチッ!」と言ってマウント部のリングがスライドして目に飛び込んできたのは!

resize_IMGP1079.JPG
この状態から

resize_IMGP1078.JPG
リングの下から「AUTO FOCUS」の文字。まさか裏モード!?

早速この状態でAFモードでチェックすると
「スー スー スー」と滑らかにAF作動。ナルホド。
説明書が無かったとはいえレンズに何も記載が無かったので判りませんでした。
勿論カメラ屋の店員も・・・

resize_IMGP1081.JPG
MF使用時(レンズMFモード+本体MFモード)

resize_IMGP1080.JPG
AF使用時(レンズAFモード+本体AFモード)

resize_IMGP1082.JPG
これが間違った状態(レンズMFモード+本体AFモード)

こうして格安で手に入れた☆レンズでZ-1[限定]とおもに風景写真を数多く撮影しました。
(ネイチャー写真であってねーちゃん写真ではない。残念!)


※記憶の片隅コーナー※(不定期)
悲願の「1」
先日ペンタックスから待望のフルサイズデジタル一眼レフカメラ「K-1]が発表されました。
(ミラーレスカメラのK-01なんてあったけど)
フィルムカメラのLX以来長い事ペンタックスにはプロ向け(真のフラッグシップ)カメラがありませんでしたから。
メーカー的には先のZ-1、Z-1P、MZ-Sがその当時のフラッグシップになりますがプロ向けでは・・・。

幻の「1」とフルデジタル
昔、AFフィルムカメラ「MZシリーズ」の時、最上位機種「MZ-1」が計画されていましたが世の中のデジタル化に伴い計画中止、
また他メーカーに先駆けMZ-Sのボディーを使ったフルサイズデジタル一眼(600万画素)の計画もありましたがこれも中止。(仮称 K-1)
「1」の称号及びフルサイズ化はメーカー及ぶファンにとっては悲願だったんですね。(小生も)
そう言えば世界初フルサイズデジタル一眼を出したけど早々と撤退したメーカーもあったっけ? (CONTAX(京セラ) N Digital)

Jcii_K-1.jpg
日本カメラ博物館で展示されていた幻の試作機「K-1」











<スポンサードリンク>


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました