So-net無料ブログ作成
- | 2016年02月 |2016年03月 ブログトップ
前の10件 | -

マモー・ミモー・ヤボー [パソコン]

パソコンゲーム界の一太郎!?

うさうさです。
4年に一度の日ですが平常運転です。

NHK大河ドラマ「真田丸」で登場する3D地図の監修に「信長の野望・創造」(コーエーテクモゲームス)で使われた「フル3D全国一枚マップ」のCG技術が提供されているのをご存知の方も多いと思います。
「信長の野望」と言えば歴史シミュレーションゲームの金字塔で初代※は中部及び近畿地方の17国での統一を目指したゲームでしたが、次作の「信長の野望・全国版」ではその名のとおり全国(50国)となり全国統一を目指すゲームにスケールアップされることになった。
※当時の社名は「株式会社光栄マイコンシステム」 マイコンが時代を感じさせます。
またこの作品から方言モード対応となりメッセージがその国の方言にて表示されるのも話題となりました。
その後「信長の野望・戦国群雄伝」から来月発売予定(3月24日)の最新作「信長の野望・創造 戦国立志伝」までシリーズ15作(PC版、リメイクを除く)となっております。

まだまだ続く信長ワールド
そんな「信長の野望」シリーズですが新作が発売される度に商品パッケージに描かれている信長(その他武将も)がどんどん若くイケメン武将になっていくのに戸惑いを感じながらシリーズ第6作目の「信長の野望・天翔記」までプレイしました。
第1作「信長の野望」及び第2作「信長の野望・全国版」は教科書に出てくるお馴染みの信長。それ以降は現代風の容姿に。
極めつけはスマホ向け(Android版)の「信長の野望 201X」。信長が現代にタイムスリップして来て(戦国自衛隊の逆設定?)現代兵器で魔物と戦います。(何でもアリ?)
その内地球を飛び出してフォースの力を身に付け暗黒面に・・・以下自粛


※記憶の片隅コーナー※(不定期)
信長の野暮!?
大ヒットシリーズ「信長の野望」ですがタイトルに「信長」とついていながら先の「信長の野望」シリーズに含まれないのがあります。
「伊忍道・打倒信長」
光栄が提唱した独自のゲームジャンル「リコエイションゲーム」で「太閤立志伝」は人気シリーズとなりました。
タイトルからすると本能寺の変を題材にし信長を討つ感じがしますが伊賀忍者衆が復讐の為信長を倒すゲームとなっております。
ちなみにパッケージイラストの信長はまるで「魔王」の形相で目が怖かったです。(赤かった?)
セールス的には大失敗(個人的感想)で、ランペルール(ナポレオンを題材)と競い合う程の低セールスでした。(黒歴史)











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

すったもんだがありました [パソコン]

事実は小説よりも奇なり

どうも、うさうさです。

本日はMS-DOS時代に「国民的ワープロソフト」と呼ばれたジャストシステムの「一太郎 Ver.4」シリーズについての昔話を。

一太郎と言えば説明の必要も無い程有名なアプリケーションのひとつで、現在も脈々とバージョンアップを続けております。
そんな一太郎シリーズの中でVer.4が何かと話題を振りまいたバージョンとなっております。
 満を持して発売された一太郎Ver.4(通称四太郎)ですが発売直後からバグ問題が表面化し直ぐにバグフィックス版の「Ver.4.1」を発売しますが動作の遅さ(漢字変換でさえ待たされる)が問題となりました。
特に前バージョン(Ver.3)が動作の軽さがウリでした為、三太郎(Ver.3の事 auではない)ユーザーからはクレームの嵐となりました。
これは四太郎がHDD+EMSメモリ使用を推奨(前提)としていた為当時の主流であったフロッピーディスク(2FDD)+メインメモリ(640KB)での動作はキビシイ状況だったのです。

幻のVer.4.2
Ver4.1から暫くして速度改善を施した「Ver.4.2」を出荷の運びとなりましたが僅か1~2日で販売中止、回収の憂き目を見るのでした。
理由はナント「プログラムソフトの1枚目と2枚目が同じ内容になっている」と言う信じがたい話でした。
コピーミスなのかフロッピーラベルの貼り付けミスなのか詳細は存じませんが・・・
直ぐに「Ver.4.3」(内容は4.2と同じ)として再出荷されこれが最終バージョンとなりました。
又、FDD使用や当時流行始めたノートユーザー向けに機能を絞り軽快な動作とした「一太郎dash(ダッシュ)」が発売され価格の安さもあって大ヒットとなりました。(Ver4シリーズ 定価58,000円 dash 38,000円)

NEC PC-9801ノート専用ICカード版
当時ワープロソフトと言えば「一太郎」ですが表計算ソフトと言えば「ロータス 1-2-3」でした。
その2大ソフト※がコラボしたのが「Harmony(ハーモニー)」(販売はロータスから)なのです。
※一太郎は「一太郎dash」になります。
また当時大ヒットとなっていたNEC PC-9801NOTE用にICカード版が発売され98NOTEのメモリスロットに装着する事でFDDの入れ替えや消費電力を抑えるメリットがありました。
只、セールス的には成功したとは言えず後に続く者は・・・

事実は小説(ハーモニー)よりも奇なり


※記憶の片隅コーナー※(不定期)
せがた 三四郎(SEGA)とは関係ありません。
表計算ソフトの王者「ロータス 1-2-3」に対抗すべくジャストシステムも「表計算ソフト 三四郎」を発売しました。
しかし発売当日(前日?)になって「三四郎」の名称が他で商標登録※されている事が発覚し急遽発売見合わせ予定でしたがなんとか解決して店頭に並びました。(予定より1日遅れ?)

※当時のタイトーがアーケードゲーム向けのタイトルか主人公の名前で商標登録を行っておりこの件についてはジャストシステムと円満に解決していたが、発売直前になりどこかの建設会社のソフト名が「三四郎」となっており向こうから金銭解決の話があったとか。(聞き伝え)










タグ:一太郎 1-2-3
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

目の付けどころが・・・ [パソコン]

いつの間にか変更してた!?

遅くなりました。うさうさです。

経営再建の為、支援先を巡ってゴタゴタしてたシャープがついに台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業を支援先に選びましたがどうなる事やら。
そんなシャープの企業スローガンと言えば
「目の付けどころがシャープでしょ。」
CM等で有名だったが何時の間にか(2010年から)
「目指してる、未来がちがう。」
に変更となっておりました。皆さん知ってました?
で、「目指している未来のイメージがほかと違うからこそ、普通なら思いも付かないようなことを実現し、気がついたら世の中の当たり前にしている」という意味を込め、
「オンリーワンで社会を変革してゆく」という企業姿勢をより鮮明に表すとしているそうな。( ̄ヘ ̄;)ウーン ムズイ

目の付け所(支援先)が正しかった事を切に願ってやみません。

そのシャープのパソコンブランドと言えば「Mebius(メビウス)」ですが(MZシリーズやX68000ゴメン)小生も持っております。

resize_IMGP1099.JPG
メビウスジャンボ MN-8000D(1997年発売 定価 620,000円)
ワープロ(書院)じゃないよ。取っ手付いてるけど・・・

resize_IMGP1102.JPG
重量 約8.0kg 今でも漬物石替りに・・・嘘です。
比較対象に「3DS LL」と並べてみました。
前面に 3.5インチFDDとCD-ROMドライブ

スペック

CPU:Pentium 200MHz  通常のデスクトップ用CPU
メモリ:32MB(シンクロナスタイプ)  通常のデスクトップ用メモリ
液晶:13.8インチカラーDSTN液晶(1,024×768ドット表示) 当時は大画面、高解像度
ハードディスク:2.5GB  大容量! TBじゃないよ。
CD-ROMドライブ:平均10倍速  内蔵も珍しい。
モデム:33.6kbps  LAN(NIC)は当時なし。
拡張ボードスロット:PCI(フル×1、ハーフ×2) フルサイズが入ります。
PCカードスロット:Type2×2(またはType2×1+Type3×1)ZVポート/CardBus対応 当時のフルスペック
赤外線通信ポート:IrDA(4Mbps、115kbps)対応、ASK対応
インターフェイス:RS-232C×1、プリンタ×1、CRT×1、ジョイスティック/MIDI×1、USB×2、ビデオ入力用コンポジット(NTSC)/S端子×各1、ビデオ出力用コンポジット(NTSC)×1、PS/2タイプマウス/キーボード  もうデスクトップと一緒!
外形寸法、重量:380(W)×365(D)×106(H)mm、約8.0kg   ノートパソコンです。(メーカー発表)

resize_IMGP1104.JPG
左側面:PCIスロット、PCカードスロット、モデム、サウンド関連

resize_IMGP1105.JPG
右側面:PCIスロット(LANカードを増設済み)、電源スイッチ、赤外線ポート

resize_IMGP1106.JPG
背面 電源コネクタは通常の3P(アース付)、各種コネクタ類(もはやデスクトップ並み)

resize_IMGP1108.JPG
10数年ぶりに起動してみたが(炎上がコワイ)HDDを認識せず起動不可だった。OSはWindows95

自称ノートパソコンですがバッテリー駆動はできないわ(そもそも内蔵バッテリーが無い)、キャリングハンドルは付いてるしどう見ても「ラップトップパソコン」でしょ。
でもこれを膝に乗せたら江戸時代の拷問か・・・
これとは正反対の「MURAMASAE(ムラマサ)」と言う超薄型(当時)のモバイルパソコンもありました。(今なら審神者衆御用達か)


※記憶の片隅コーナー※(不定期)
世界に広げようメビウスの輪!
実はダイハツから「メビウス」の車名でトヨタ「プリウスα」のOEMモデルとして販売されています。見たこと在りますか。
そう言えば昔、日立から「プリウス(Purius)」名のパソコンもあったっけ。(光沢液晶のハシリ)
ウルトラマン メビウス 何代目だ? 今は何?
タバコの「メビウス」。マイルドセブンからの名称変更。(マイルドの表現がよくないとか)











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

あの日見たお茶の名前を僕達はまだ知らない [雑感]

サクラソングでヒットしました。

うさうさです。
二次(元)の父・・・もとい 二児の父です。

昨日に続いて「さくら」繋がりで。
昨今、サクラソングが人気でこの時期になるとよく耳にします。
そんな中、小生J-POPグループ「ケツメイシ」の「さくら」が気に入っています。
今回なぜ彼らを取り上げたか言うと先日訪れたお店のドリンクコーナーで見たものは?

resize_DSC_0095.JPG
「ケツメイシ(決明子)」ハブ茶として飲まれているらしい。

ちなみの彼らグループについてWikipediaでは
「グループ名の由来は、中国で古代より下剤などに使用されている薬草「決明子(けつめいし)」で、薬草の効用になぞらえて「全てを出し尽くす」という意味が込められている(ただしこれは後付の理由であり、当初は薬学の事典の適当なページを開いて真っ先に目に付いた項目を名前にしただけであったという)。メンバーの中の2人は東京薬科大学出身で、薬剤師免許も取得しており、外資系の製薬会社の勤務歴もある。」
と書かれている。

出身地の方言かと思ったがまさか植物の名前とは思わなかった。
それよりも一番驚いたのは辞書から適当に名前をつけた所。
これって小生の名前の由来と同じじゃないか。
昔、小学校低学年の頃、担任の先生に「両親に自分の名前の意味(由来)を聞いてごらん」と言われた。
早速うさ爺(我が父)に聞いた所「漢和辞典を適当に開いてそこにあった漢字からつけた」と・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
何だこのいい加減さ。グレてやる!とは思いませんでしたが。

最近は「キラキラネーム」なんてありますが名前は一生もんですからね。


※記憶の片隅コーナー※(不定期)
「サクラ」といえば「サクラクレパス」(強引?)
「クレヨン」と「クレパス」の違いですが先端の形状の違いと思われがちですが「クレパス」は株式会社サクラクレパスの登録商標なのです。
某嵐を呼ぶ幼稚園児が「クレヨン」なのも商標の関係ですかね?











nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あなた色に染まりたい [カメラ・写真]

元祖24枚撮りフィルム

うさうさです。
「さくら」と言えば花見で一杯です。(花札)

昔、サクラカラー(さくらカラー)ブランドの写真フィルム(ネガカラー)がありました。
日本初の写真用印画紙やカラーフィルムを発売した小西六写真工業株式会社の商品になります。
後に社名をコニカ株式会社、フィルム名をコニカカラーに変更となりました。
昔は日本トップのシェアを持っていましたがその後フジフイルムに逆転され写真事業から撤退しました。
また当時20枚撮りカラーフィルムを24枚撮りに変更したのもさくらカラーが最初になります。
金ちゃん(萩本 欽一さん)がCMで24枚撮りと20枚撮り同じ値段ならどっちが得かよく考えてみよう?を覚えている方も多いと思います。
当時の写真フィルムは「サクラカラー」、「フジカラー」、「コダカラー」が三大メーカーでした。(コニカ撤退まで)
で、そのフィルムのパッケージ(外箱)の色は発色が得意のカラーと言われておりました。

サクラカラー(小西六写真工業) 赤色(朱色)
フジカラー(富士写真フイルム)  緑色
コダカラー(コダック)      黄色

たとえば風景(植物)を撮影する場合
新緑であれば「緑」のフジカラー
イチョウの紅葉であれば「黄」のコダック
もみじの紅葉であれば「赤」のサクラカラー
の具合に。現代に例えると「メモリーカードメーカーによって発色が替わる」見たいな(実際ないけど・・・多分)

最近フィルムカメラを改めていじり始めて昔を思い出しました。
ノスタルジー いえ ノスタル爺です。


※記憶の片隅コーナー※(不定期)
趣味の王道
今回のテーマにした「桜」ですが童謡「さくらさくら」と言えば皆さんおなじみですが演奏に琴が使われているのはよく知られております。
その琴ですが昔は女性にとって手習いする事がステータスとなっておりました。
その為お見合いの席で相手の男性方から「ご趣味は何ですか?」と聞かれると
少しはにかみながら「お琴を少し」と答えるのが模範解答でした。
だが中には緊張のあまり「オトコを少し」と言ってしまった人も居たとか。(肉食系?)











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「バッキャロー」と呼ばないで [パソコン]

真田丸・五郎丸・グローバル(苦しい)

どうも、うさうさです。
NASが飛んだ時思わず叫んでしまいました。 m(_ _;)m ゴメン!!

2日程前にPC周辺機器メーカーのバッファローから赤色のルーターとHDDが発売されるとの記事があった。
何でもメルコグループ創業40周年記念だそうだ。
もうそんなに経つんだ。昔は大須の第1アメ横内で細々とプリンタバッファーとか売ってたが今じゃCFD販売やアーベル・コクヨ(PCサプライ部門)も吸収しすっかりグローバル企業に成長したもんです。
ちなみにプリンタバッファーの愛称「バッファ郎」が後のブランド名となった。
そしていつの間にか社名もメルコからバッファローに変更していたが当時の社名メルコのドメイン名(melco.co.jp)が三菱電機で使われておりその為に変更したのではとの噂も(真偽は不明)


※記憶の片隅コーナー※(不定期)
赤と言えば「3倍速い」と教え込まれました・・・(誰に?)
赤は強さ、速さ、恐怖、巨大さを相手に与える為昔から用いられてきました。
スポーツカー、旗(国旗)、鎧(赤備え)、モビルスーツ、鬼・・・
赤鬼と言えば「赤鬼ホーナー」(ボブ・ホーナー選手)
昔ヤクルトに居た助っ人外国人選手である。(今から30年前)
来日初試合で1HR、翌日3HRの怪物ぶり。(1年で帰っちゃったけど)
当時のピッチャーにしてみれば「巨人」相手(読売じゃないよ)に挑むような感じか。(要立体駆動装置⇒ハイジャンプ魔球か)











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

銀行の自由作戦 [雑感]

ネット銀行・支店の名称がフリーダムすぎ!

うさうさです。
フリーダム+ミーティア(ガンプラ)あります。

先日ジャパンネット銀行の口座開設をしたら支店名が「はやぶさ支店」。
そう言えば楽天銀行は支店名が楽器の名前(ピアノとかチェロ)だし。
気になって色々調べてみたら面白いのが出るわ出るわ。

まずは大手から

楽天銀行 ジャズ支店、ロック支店、サンバ支店、エンカ支店 等 音楽関係の名前

住信SBIネット銀行 イチゴ支店、ブドウ支店、ミカン支店 等 果物の名前

大和ネクスト銀行 エビス支店、ダイコク支店、ビシャモンテン支店 等 七福神の名前

セブン銀行 マーガレット支店、フリージア支店、パンジー支店 等 花の名前

ジャパンネット銀行 すずめ支店、はやぶさ支店、ふくろう支店 等 鳥の名前

イオン銀行 ガーネット支店、アメシスト支店、アクアマリン支店 等 自分の誕生石になる

じぶん銀行 あか支店、だいだい支店、きいろ支店 等 色の名前

シリーズ名で統一しておるようです。
楽天銀行 エンカ支店は高齢者向け? 他にもソナタ支店とかもあります。(韓流ファン向け?)
ジャパンネット銀行 ふくろう支店 なんか縁起が良さそうですね。
(自分もコレがよかった)
縁起と言えば大和ネクスト銀行 七福神の神様名。しかしあの事実を知ってしまったからには素直に喜べない支店名も・・・
http://usabarasi.blog.so-net.ne.jp/2016-02-09-1
2月10日の記事(唯一の日本人出身メンバー)

個性爆発!地方金融機関

荘内銀行 わたしの支店  はい。親しみがあります。

尼崎信用金庫 ウル虎支店  M78星雲にあるのでしょうか。ナゼ「虎」は漢字?

関西銀行アーバン銀行 いちょうなみき支店  ほかの木はない様だ。

北都銀行 あきたびじん支店  美しい人はより美しく、そうでない人は・・・以下自粛

福島銀行 いつでもどこでも支店  トロとクロが居そうな。机はダンボールか?

岩手銀行 イーハトーヴ支店  銀河鉄道で行けます(嘘)メルヘンですね。

中京銀行 なごやめし支店  出来れば 手羽先、きしめん、ひつまぶし等も作ってほしい。

愛媛銀行 四国八十八カ所支店  お遍路様御用達。スタンプはあるんでしょうか?

香川銀行 セルフうどん支店  銀行なのかうどん屋なのか?さすがブレないうどん県

高知銀行 よさこいおきゃく支店  なんかスゴイぞ四国勢!(あれっ徳島は?)

トマト銀行 ももたろう支店  サラダの国ではありません。三太郎の残りは?

鳥取銀行 とっとり砂丘大山支店  砂場支店も作ってほしいぞ。

沖縄銀行 美ら島(ちゅらしま)支店  はい。いかにもです。青い空に青い海が目に浮かびます。

他にもイロイロあると思うが・・・
目立ってナンボとは思うがあまりのはっちゃけぶりには驚きました。


※記憶の片隅コーナー※(不定期)
製品コードネームがガンダム
昨今、粉飾決算の発覚で何かとお騒がせしている東芝だが同社のHDDレコーダーに、機動戦士ガンダム(SEED系)に出てくるモビルスーツや戦艦名を当てがっていたのは有名な話。

RD-X5 ハイペリオン
RD-Z1 フリーダム
RD-H1 ストライク
RD-XD91 インパルス
RD-X6 エターナル
RD-XD72D デスティニー
RD-X10 ムラサメ

などなど。REGZAを初め今後はどうなる事か。

我が家にある「RD-H1ストライク」
今は使用してないけど。

resize_IMGP1094.JPG
東芝 RD-H1(開発ネーム ストライク)











タグ:RD-H1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Z-1・刻を越えて [カメラ・写真]

うさうさです。
今回紹介致しますのはペンタックス Z-1[限定](フィルムカメラ)
通称Z-1 Limited(リミテッド)と呼ばれる機種です。
「Z-1」と言えば世の中、車、バイク、スマホ(Xperia)、艦これ・・・
ですがカメラです。

resize_IMGP1084.JPG
PENTAX Z-1[限定] + F ☆ 300mm F4.5 ED

このカメラは当時ペンタックスのAFカメラ「Zシリーズ」の最上位機種であったZ-1※の発売3周年を記念してボディーカラーをチタンカラーっぽいシルバーで登場致しました。(一部変更箇所あり)
※後にマイナーチェンジモデル(中身はフルチェン並み)の「Z-1P」が登場したが限定モデルは発売されなかった。
とは言えペンタックスではフラッグシップの扱いでしたが世間的には中級機クラスでイロモノ扱いでした。
Z-1シリーズと言えば独特の操作性。ハイパープログラムにハイパーマニュアル。
雑誌で前知識はありましたが実際に理解するには実機を手に悪戦苦闘。(判れば超便利)

このカメラとの出会いは20年程前に名古屋にある小さなカメラ店の中古コーナーで本体のみで17,000円でした。
丁度ペンタックスのAF機を探していたので状態確認後購入しました。
もともとコレクション要素が高いモデルの為殆どキズ・スレはありませんでした。
但し、付属品のワイドストラップ(キャメルカラー)はなく別のストラップを中古で購入。

resize_IMGP1067.JPG
1000台限定らしい。

resize_IMGP1068.JPG
グリップストラップ FD(付属のストラップは未使用) ちなみに縦位置グリップではない(縦位置レリーズボタンなし・・・辛い)

resize_IMGP1070.JPG
純正クイックシュー対応

今回カメラに装着してあるレンズだが実はワケあり品で購入したレンズである。
名古屋の大手カメラ総合店の中古コーナーに一際目立つレンズ。値段は17,000円
「えっ」と思いながら値札を見ると注意書きが
「外見キズ多し、AF不可」。店員に聞いてみると「AFモードでフォーカスするとすごくゆっくりでカメラに大きな負担がかかる」との事。
どうせペンタのAFは期待できないしMFで使えば問題ないし、なにより☆(スター)レンズがこの値段ならと購入。

そしてZ-1[限定]でAFモードを試す時が。

resize_IMGP1071.JPG
smc PENTAX-F ☆ 300mm F4.5 ED [IF] 側面のネームプレートの文字が掠れて消えてしまいました(黒と赤文字)

カメラをAFモード(SINGLE)にしてレリーズ。
「ジージージージー」と鈍い音を立ててゆっくりフォーカス移動
これではカメラのモーターやギヤが損傷してしまう。こういう事かと納得。

次にMFでの動作チェック。
カメラをMFモードに切り替えてレンズのフォーカスリングをまわすと適度なトルクで滑らかな動き。問題なし。

resize_IMGP1072.JPG
レンズフードは組み込み式 先端がラバーで衝撃吸収やレンズを立てる時のキズ防止

resize_IMGP1073.JPG
そしてこのレンズ最大の特徴の巨大な三脚座(各90度のクリックストップ付き) 左右のネジで取り外し可能。

resize_IMGP1077.JPG
マウント側(KAf2マウント)

まさかの隠しモード(ウソです)の発覚
そんなこんなで弄繰り回していると突然「カチッ!」と言ってマウント部のリングがスライドして目に飛び込んできたのは!

resize_IMGP1079.JPG
この状態から

resize_IMGP1078.JPG
リングの下から「AUTO FOCUS」の文字。まさか裏モード!?

早速この状態でAFモードでチェックすると
「スー スー スー」と滑らかにAF作動。ナルホド。
説明書が無かったとはいえレンズに何も記載が無かったので判りませんでした。
勿論カメラ屋の店員も・・・

resize_IMGP1081.JPG
MF使用時(レンズMFモード+本体MFモード)

resize_IMGP1080.JPG
AF使用時(レンズAFモード+本体AFモード)

resize_IMGP1082.JPG
これが間違った状態(レンズMFモード+本体AFモード)

こうして格安で手に入れた☆レンズでZ-1[限定]とおもに風景写真を数多く撮影しました。
(ネイチャー写真であってねーちゃん写真ではない。残念!)


※記憶の片隅コーナー※(不定期)
悲願の「1」
先日ペンタックスから待望のフルサイズデジタル一眼レフカメラ「K-1]が発表されました。
(ミラーレスカメラのK-01なんてあったけど)
フィルムカメラのLX以来長い事ペンタックスにはプロ向け(真のフラッグシップ)カメラがありませんでしたから。
メーカー的には先のZ-1、Z-1P、MZ-Sがその当時のフラッグシップになりますがプロ向けでは・・・。

幻の「1」とフルデジタル
昔、AFフィルムカメラ「MZシリーズ」の時、最上位機種「MZ-1」が計画されていましたが世の中のデジタル化に伴い計画中止、
また他メーカーに先駆けMZ-Sのボディーを使ったフルサイズデジタル一眼(600万画素)の計画もありましたがこれも中止。(仮称 K-1)
「1」の称号及びフルサイズ化はメーカー及ぶファンにとっては悲願だったんですね。(小生も)
そう言えば世界初フルサイズデジタル一眼を出したけど早々と撤退したメーカーもあったっけ? (CONTAX(京セラ) N Digital)

Jcii_K-1.jpg
日本カメラ博物館で展示されていた幻の試作機「K-1」











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

絶対に負けられない戦いがそこにある [グルメ?]

白い粉を手に入れろ!(合法です)

うさうさです。
これはとある町で行われた戦いの記録である。

先週の日曜日(2/14)になりますが新聞の折り込みチラシにあった麓のスーパーでのタイムバーゲン予告
「日清フーズ フラワー薄力小麦粉 1Kg」 100円(税別)お一人様2個まで
嫁に聞くと通常200円前半、セール品でも198円との事。
「買って来い」と出撃命令!

スゲー混雑が予想されるので早めの到着また駐車場は離れた場所を利用する事にしよう。


作戦名:Over the sunset(夕焼けの向こう側)

15:20 予定通り作戦開始
     基地(自宅)より戦闘車両(軽自動車)にて出撃

15:40 上陸地点(店舗第2駐車場)到着
     店舗正面(第1駐車場)は多数の戦闘車両(自家用車)確認

15:42 徒歩にて作戦地点(店舗)に移動

15:44 突入開始
     すでに多数の敵(買い物客)確認。
    
15:47 商品陳列と思われるスペースの周りは女戦士(女性客)達
     で殺気が!
     ダンボールに潜んでいた方が無難か・・・

15:55 どうやら16:00丁度にブツ(商品)は現れる模様

16:00 格納庫(バックヤード)よりターゲット出現、追尾及びロックオ
     ン!

16:01 ブツを確保。「ヒット・アンド・アウェイ」(ちょっと違う?)にて
     離脱

16:04 検問所(レジ)突破。(ちゃんと支払いは済ませました。)
     中にはブツを車の窓から投げ入れてまた戦場に戻る強者
     も・・・スゲー

16:07 上陸地点より撤収開始
     案の定正面駐車場は分詰まり状態。

16:31 基地に帰投。作戦完了

resize_IMGP0983.JPG
それにしてもこんなに小麦粉を買って粉もんパーティーでもするのか? ViVa炭水化物!

※ちなみに本日(2/21)は138円(税別)となっておりました。(今回はパス)
resize_IMGP1061.JPG











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コンビニ発祥の地巡礼 [雑感]

うさうさたちは ここ(CoCo)にいます!

うさうさです。またまた春の嵐です(雨が凄かった!)。
昨日、身内の見舞いの為愛知県東部の「春日井市民病院」へ
道案内の為ズルトラ(スマホ)で「ヤフー カーナビ」を利用。
音声検索をすると

resize_navi.jpg
「動物は除く」って・・・

その帰り道で寄ったコンビニ。
愛知県春日井市高蔵寺ニュータウン内にある「ココストア藤山台店」
ここは、日本の「コンビニエンスストア発祥の地」として知られております。(諸説あり)

resize_DSC_0082.JPG
しっかり宣伝

resize_DSC_0084.JPG
更に記念碑が入り口に設置されております。

でもこのココストアですがファミリーマートの傘下となり何れなくなる運命だとか。(サークルKとサンクスも))
ちなみに「Convenience&Comfort」からココストアだそうです。


※記憶の片隅コーナー※(不定期)
うさうさとコンビニ
家から一番近いコンビニで約2km先です。(田舎バロメーター)
コンビニエンスストア(コンビニ)の呼び名を初めて知ったのは
アニメ 劇場版「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」を鑑賞した時であの店の事かと思ったものでした。
ちなみに劇中で登場したこのコンビニですがいくら在庫が減っても品切れにならず「メルモちゃん」のキャンディーを連想しました。












nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
- |2016年02月 |2016年03月 ブログトップ