So-net無料ブログ作成
検索選択

人生なすがままで行こう! [雑感]

なすび(タレント)のエベレスト登頂成功記念・・・とは別?

お久しぶりです。うさうさです。

 嫁と隣町のJA(農協)の直売所へ出かけそこで見つけた逸品!?
resize_DSC_0146.JPG

「長くて、太くて、黒光り」するアレを思わずお買い上げ。

resize_IMGP1761.JPG
熊本県産の「長なす」

ビッグ7である彼女(長門)の主砲 41cmを遥かに超え、大和(同46cm)をも驚愕する全長 約47cm!
向こうのナスはこれが標準体何ですかね?

「えーい 熊本県産のナスは化け物か!」
(誉め言葉) (^▽^;)

で、これをどう調理するかなんだが・・・
折角の巨大サイズ。切ってしまっては勿体無いのでやはりココは姿焼き(焼きナス)か?
とは言えコンロやオーブンには収まらないのでやっぱりアウトドア(庭)か?(串に刺して)

食べて少しばかりの応援を。でもスイカは高くて買えませんでした (泣)

いちご栽培その後・・・其の② [雑感]

敵は本能寺身内にあり!

うさうさです。
やっと天候が落ち着きまして。でも昨日は暑かった・・・ (〃´o`)=3

 我が家のイチゴ達だがあれから10日程たった現状を。

まずは旺盛なワイルドストロベリー
resize_IMGP1745.JPG
成りは小さいがしっかりと白実です。

resize_IMGP1746.JPG
赤身も少しずつ結実。

resize_IMGP1747.JPG
所狭しとライナーが飛び出してたので適当に誘引。

あかねっ娘
resize_IMGP1748.JPG
小粒だが花付きも良く順調。

ちなみに前回写っていた実は収穫済み。
resize_IMGP1759.JPG
共にうさぎ様への献上品!

ホワイトジャンボ
resize_IMGP1750.JPG
一番花に比べて大きな花が咲いております。

ちなみに前回写っておりました実はその後カビが発生してしまいました。 (T_T)

メタボッチ
resize_IMGP1749.JPG
前回大きな花が咲いておりましたが順調に育っております。
そこそこの大きさですがまだ青々としており巨大化?が期待できます。

で、実がなっていなかったので写真を撮っていなかったが前回幾つか実を付けていた桃薫だがいつの間にか嫁に取られていた。

まさかのラスボスの存在に ( ̄Д ̄;) ガーン

ちなみにウッドデッキ周りに野生化したへびイチゴが!?
resize_IMGP1752.JPG
resize_IMGP1754.JPG
resize_IMGP1756.JPG
野良ヘビイチゴたち

都会のステータスシンボル [雑感]

人気ナンバーワン(TOP3独占!)

どうも、うさうさです。
スタバの注文が未だにできません。
(自信が無い・・・券売機方式にして) ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

これを知っていれば最強の郷土愛!?
 先日、日本地質学会が47都道府県ごとに代表的な岩石、鉱物、化石を、1種類ずつ「県の石」として認定したと発表しましたが
あまりにも専門的過ぎて・・・
日本地質学会「県の石」Webサイト
http://www.geosociety.jp/name/content0121.html

新潟県の「金」や島根県の「銀」、栃木県の「大谷石」等全国的に有名な鉱物がある中、都道府県民も知らないようなマニアック?なのもチラホラ。

ちなみに愛知県は、岩石「松脂岩」、鉱物「カオリン」、化石「師崎層群の中期中新世海生化石群」
スミマセン。何一つ知りませんでした。てっきり岩石は石のまち岡崎市のかと思いました。(日本3大生産地)

各都道府県の木や花、鳥等ありますが石はかなりの上級者向けとなっております。

この木何の木出世の木?
 で、本題です。(笑)
実はこの「県の石」のついでに各都道府県の「木」を調べた時にある偶然が。
東京都、神奈川県、大阪府が同じ木を制定していたのです。
それは「いちょう」「イチョウ」「銀杏」「公孫樹」「鴨脚樹」くどい?(アノ鳥みたい)
くしくも人口トップ3が同じ木を選んでいたのです。
その他にも多数の市町村でも選定されており(多くは関東地方)なんと「東京大学」、「大阪大学」では大学の木に指定されております。(夫々イチョウの葉をモチーフにしたものが大学のシンボルマークとなっております。)
イチョウの木は生命力・繁殖力が強く昔から長寿・子孫繁栄のシンボルと捉えられておりましてあの徳川家の家紋も「葵の御紋」の前はイチョウをあしらっていたのです。

一子相伝の木
このイチョウの木ですが学術的には非常に珍しい木なのです。
なんと(南斗)全世界にイチョウの木は1種類しかないのです。
(イチョウ網イチョウ目イチョウ科イチョウ属イチョウ種)
これは大昔の氷河期にこの1種類のみが生き残ったからと言われております。
その為、生きている化石としてレッドリストの絶滅危惧IB類に指定となっておりますが・・・
そこらじゅうで見かけるが?

世界では忌み嫌われ者
イチョウの木と言えば銀杏(ぎんなん)。
実は銀杏を食するのは日本、中国、韓国等一部の国だけで世界的には食用と見なされずそれどころか肌荒れや異臭等で迷惑がられ各地で切り倒されたりしているのです。
また銀杏中毒がある為多量の摂取や幼児の場合は特に気を付ける必要があります。
日本では昔から非常時(飢饉や兵糧攻め)の際の食料として重宝され城内やお堀、寺院に多いのはその為である。


※記憶の片隅コーナー※(不定期)
 突然ですが東京都のシンボルマーク
symbol.gif
これを見て都の木であるイチョウの葉をモチーフにしていると思われがちですが実は違うそうです。

「イチョウの様でイチョウデ無い」 ベンベン♪
「それは何かと尋ねたら・・・」
「TOKYO」の頭文字であるアルファベットの「T」を図案化したものだそうです。 Σ(゚口゚;)//

何となく昔あったE電「東日本旅客鉄道(JR東日本)」の呼び名を思い出しました。
Eテレ(NHK教育放送)はスンナリ行ったのに(どーも)

オッサンの証明 [うさぎ]

「ジーク・オジン!(オッサン万歳)

毎度うさうさです。
小生はまだまだ若いぞ!たぶん・・・(脳内フローラ)

 昨日の「ねとらぼ生物部」(いつの間に?)にオッサン化したカピバラの写真が話題に。

「カピバラだと思います」 動物園も困惑するほどリラックスしたカピバラさんに注目
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1605/15/news028.html (ITmedia ねとらぼ様)

この手の人間くさい(オッサン化した)動物の写真はSNSや動画投稿サイトでよく話題になるが我が家でも見たような・・・

外から帰ってくると異様な光景が!?
resize_DSC_0039.JPG
ケージから何か飛び出しているが・・・?

近づいてよく見ると・・・オィ!
resize_DSC_0038.JPG
「たれうさぎ」(古い?)、「ぐでうさぎ」(いま風?)

ま~毛皮を着てるようなもんだから暑いのは分かるがそれにしても・・・
ぜったい中の人(オッサン)いるだろ(確信)

普段の寝姿は可愛いのだが・・・
resize_IMGP0817.JPG
resize_IMGP0812.JPG
手前のケージにピントが (T△T)

いちご栽培その後・・・其の① [雑感]

「いちご(一期)一会」の気持ちで

どうも、うさうさです。
このまま入梅との噂も…(  ̄っ ̄)ムゥ

 9種13株の大所帯となった今年のイチゴ栽培。
マイナー(変り種)ばかりの為面白半分での栽培ではあるが途中経過を。

古いガーデンテーブルの上で栽培中(ナメクジ対策)
resize_IMGP1609.JPG
防鳥ネットは必需品!

大きな実をつけている「あかねっ娘」(手前)
resize_IMGP1604.JPG
「サマーベリー」(奥)と「ふさの香」(右)は花もまだまだ

順調な実付の「桃薫」。なんとなく“赤い”が気のせい?
resize_IMGP1606.JPG
それにしても背丈が低いがこんなもん?

もう1種の白実系の「ホワイト ジャンボ」だが・・・
resize_IMGP1607.JPG
株は元気なのだが花と実の大きさは名前倒れなんですけど・・・

生育がイマイチの「さちの香」
resize_IMGP1608.JPG
この子が今回一番勢いがなく心配だが・・・

そして期待の超大型巨人品種「メタボッチ」
resize_IMGP1605.JPG
やっと咲いた花もデカくて期待が持てます

あと今回一番想定外だったのが「ワイルドストロベリー」(赤実・白実)
resize_IMGP1599.JPG
一番の生育っぷり。しかも葉がデカイ

カナヘビくんも狙ってる?
resize_IMGP1613.JPG

今年は購入及び植え替えが遅かった為この春の収穫は実がつけば程の考えですがとりあえずは順調か。
今後も途中経過をお伝えさせて頂きます。


※記憶の片隅コーナー※(不定期)
 じつは毎年のように庭の片隅で育つ苺がもう1種!
「へび苺」 黄色い花が特徴です。(野生種!どこから?)
resize_IMGP1610.JPG
既に実が食べられ蔕だけになっているのも(花の左側)

「へび苺」 その名の通り蛇が好んで食べるとか近くに蛇がいる(出る)とか言われる野生種で実際に蛇が食べるわけでは無ない。
いかにも蛇が出そうな所に群生している為そう呼ばれるようになったのである。(ちなみに学名が「Potentilla hebiichigo」)
また毒が有るとも言われるが無毒だがあまり食用には向かない。(酸っぱくておいしくない) ← 経験済み (*^.^*)エヘッ

ちなみに先出のカナヘビは「ニホンカナヘビ」(日本金蛇)で日本固有の品種であります。
トカゲ(ニホントカゲ)と似ておりカナヘビの方が尾が長い傾向があります。
またトカゲの事をカナヘビと呼ぶ地方(主に関東)もあり区別を難しくしております。

この 素晴らしい田舎に祝福を! [カメラ・写真]

田舎の定番風物詩です

毎度うさうさです。
昨日からの強風の続きで乱舞状態でした。

 本日は「こどもの日」(端午の節句)
田舎や観光地にあるアノ光景が我が田舎町でも。 (* ̄∇ ̄*)
resize_P5050970.JPG

以前紹介致しました小学校横の川に掛かる鯉のぼり。
去年までの数年間は後ろに聳え立つ新東名(第2東名)の橋の上で泳いでおりましたが開通に伴い今年から従来の場所での開催となりました。

また近くの中学校でも行われております。
resize_P5050976.JPG

さすがの強風で優雅さを通り越して大丈夫かと心配してしまう程の泳ぎっぷりでした。
通りかかった車から指をさす人や写真を撮る人。また近くのデイサービスの車がご年配の方達を乗せて周回していたりと人々の目を楽しませておりました。

何かと不便な事もありますが小生にとっては住めば都であります。